さくら並木プロジェクト

世代を超え、代々語り継ぎ、いのちを守りたい。

ジューテックグループは東日本大震災の被害を決して風化させない取り組みとして、NPO法人「さくら並木ネットワーク」の設立趣意に賛同し、賛助会員として同NPO法人の様々な活動に協力をしています。

「さくら並木ネットワーク」の主な活動

平成23年3月11日。東日本大震災による大津波が美しい東北の地に、甚大な被害をもたらしました。世代を超え、代々語り継ぎ、被害を決して風化させない取り組みが必要です。

津波被害を風化させないためも、今回の東日本大震災における大津波の最終到達点に桜を植え、記憶に残る桜並木を造成いたします。

これにより将来起こりうる大津波の際、住民の皆様の避難への道しるべとなり、周辺住民の皆様を守る役割を担うことを目的としています。

防災意識と対応準備の大切さと、多くの失われた尊い命を桜の花に重ねて、慰霊の気持ちを伝承していきます。

この桜並木の植樹事業は、地元被災地の造園業者等が事業主体となるため、被災地域の復興支援事業の一環となるものです。

現地の方々、さくら並木ネットワークスタッフを中心に、ボランティアの皆さんのご協力をいただき、植樹作業が行われます。

植樹後は草刈等のメンテナンス作業を継続的に行います。

メンテナンスの甲斐があり、約3ヶ月を経過すると苗木は青々とした葉をつけ始めます。

一年後にはこんなかわいい花をつけます。このけなげさに感動。二年後、三年後、十年後がとても楽しみです。

ジューテックグループのさくら並木植樹活動

ジューテックグループでは平成26年春より、現地でのさくら並木植樹活動に参加いたします。
ジューテックグループは、世代を超えて受け継ぐ活動として「さくら並木プロジェクト」を位置づけます。

社会環境活動